仕事

もう仕事辞めたい…共働きに疲れたら読んでほしいこと

Pocket

 

我が家は共働き5年、今年で6年目に入りました。この5年間すべてが順調に進んだわけではありません。仕事が忙しいことと子供のイヤイヤ期が重なったりすると、本当に泣きたくなります。仕事のストレスで夜もなかなか眠れず、疲れが取れないまま朝になり、何度「仕事を休もう」と思った日があるか…実際は仕事を休むとどんどん仕事が溜まっていくので休むこともそう簡単にはできません。

「もういっそのこと仕事辞めてしまいたい…」

私も何度も何度も考えた事あります。特に仕事が忙しくなって急いで処理してミスした時や、子供が泣いてどうしても保育園に行きたくないとかなり愚図った時など…

しかし、現実的に将来の事や子供の教育費などお金の事を考えると仕事を辞める事は難しい。では仕事と家庭を両立しながら共働きをどうやったら続けていく事ができるのかを私なりに考えてみました。

ami
ami
私も実際に共働きを辞めたくなった時、一度こちらを振り返るようにしています。苦しい時にぜひ読んでみてください。

 

共働き夫婦の大問題!家事分担をうまくやる5つのコツ 共働きを続けていくにあたって絶対に必要なこと、それは家事分担ですよね。私もよく同じワーママの友人とのランチで家事分担に関する愚痴...

 

いつ辞めても良いんだと思う

 

人間って不思議なもので「いつ辞めても良いんだよ」と言われると続けられるんです。私がそのパターンで今も何とか仕事を続けているんですが、どうしても「辞められない」と思うと辞めたくなるんです。

カリギュラ効果

 

これは心理学に基づいているのですが、禁止されると余計にその行為をしたくなる心理のことを「カリギュラ効果」と言うそうです。

例えば子供に「このお菓子は食べたらダメだからね!」と言っておいても、子供は大人が見てない内に我慢できずにお菓子を食べちゃったりします。これは大人でも十分ありますよね。

見てはいけないと言われたらすごく見たくなったり、絶対に笑ってはいけないお葬式や会議などで、ちょっとのことがなぜかおかしくて笑いそうになったり…

だから私はいつも自分に向かって「いつ辞めても良いんだよ」と心の中で唱えています。するとこのカリギュラ効果の逆の効果の働きのおかげか結果的にですが、ずっと仕事を続けられているんです。とても不思議ですよね。

ami
ami
これはすべての人に言えることかどうかは分かりませんが、一度試す価値ありですよ。

 

ストレス発散方法を探す

 

 

毎日仕事と子育てだけでは人生楽しくないですよね?毎日つまらない日々の繰り返しでは誰だって疲れてきてしまいます。だから休日くらいは仕事・子育て以外の趣味を持ちストレスを発散させることが大切です。

ストレス発散できる私の趣味

 

私の場合、子供ができるまでは映画鑑賞と旅行が趣味でした。しかし、子供ができてからは映画は子供の泣き声の問題で無理になり、旅行も海外旅行などなかなか遠出はできなくなりました。

でも、映画鑑賞なら家でだってできます。私は「休日お家映画館」と称し、ポップコーンと大好きなコーラを買ってきて家族で映画を観ることを楽しみにしています。

また、旅行も事前にしっかりと計画し、毎年沖縄に旅行に行っています。沖縄は日本にいながら南国の海外へ旅行に行った気分を味わえる希少な場所です。飛行機での移動は子供連れには恐いものもありますが(気圧の変化で子供がギャン泣きするのよく聞きますよね…)幸いたいした問題もなくいつも子供は乗ってくれています。

私はこの趣味にとても心が救われています。

打ち込める趣味が見つかれば「今週末はこれを観よう!」「来月はここに旅行に行こう!」など、休日が楽しみになります。休日が楽しみになると、仕事や子育てばかりに集中せずにいられます。

人生楽しみがないと絶対にやっていけません。

一度何か仕事や子育て以外に打ち込めるものを探してみてはいかがでしょうか?

ただ「仕事が忙しすぎて週末もずっと仕事で趣味なんか持つ時間がない」と言う方もいらっしゃると思います。

 

仕事の環境を変える

 

これはなかなか難しいことかもしれませんが、「仕事が忙しすぎて、もうどうしても無理!」と言う人は一度上司に相談し、部署異動をお願いするか、もしくは仕事の負担を減らしてもらうことです。

それによって周りの人に迷惑がかかるかもしれません。しかし、あなたが急に「もう辞める!」と決めて次の日から会社に来なくなるなんてことになれば、周りの人はもっと困るのです。だったら仕事を続けながら少し負担を減らしてもらう、もしくはしっかりと引き継ぎをし違う部署で働くことの方が良い可能性だってあります。

仕事内容や仕事量に不満がある場合は、これで解決するはずです。しかし、会社自体に問題がある場合ももちろんあると思います。

 

どうしても辛いなら転職という選択肢も

 

 

もし、「上司に相談しても何もしてくれない、しかもそんな上司を会社はほったらかしにしている」などその会社自体に問題がある場合は、転職して仕事自体を変えることも視野に入れてみても良いかもしれません。

仕事は世の中にたくさんあります。選ばなければ、どこでだって働けるんです。何もこの会社で一生働かなければならないと言う制約もないので、どうしても辛いなら辞めて転職して新しい道を進む選択もできるんです。

安易な転職には要注意

 

しかし、今の時代再就職は非常に厳しいです。

もちろん年齢やスペックにもよりますが、私のように特別なスキルも知識もない子持ちアラサー女性は特に需要が少ないです。一部の企業を除いて、子持ちと言うだけでほとんどの企業が受け入れてくれません。

実際に私の友人も何社か面接に行ったんですが、私と同じスペックでは箸にも棒にもかからなかったそうです。何とかその友人は派遣から正社員になることができたのですが、それは本人の頑張り次第。仕事を一生懸命に頑張らなければ彼女は派遣のまま都合よく使われていたかもしれません。

だからこの選択を選ぶ場合は本当に慎重に考えて行動に移さなければなりません。安易な考えで転職しようとすると、確実に就職難民になります。

そして辞める際は、夫婦で相談してからの方が絶対に良いです。くれぐれも自分で勝手に決めて事後報告になり「なんで辞める前に相談してくれなかったんだ!」と喧嘩にならないようにしてくださいね。

 

どれだけ貯金があれば共働きをやめることが出来るのか!?私の場合で検証してみた結果… このブログまだまだ閲覧数は多くありませんが、どんな言葉で検索して訪問いただけているか確認してみると、一番多いキーワードが「共働き...