仕事

時短勤務は取得しづらい?それでも私が時短勤務を取得した訳

Pocket

 

現在、日本では共働き家庭が専業主婦家庭を超えて多いそうです。実際、私の学生時代の友人や会社の同僚も結婚しても仕事続けています。結婚して仕事を続けられた人は、子供を産んでも仕事続けています。

そんな共働きを続けている私も「専業主婦になりたい!」と憧れていた時もありました。でも結局老後の生活などの不安が多く、専業主婦になる事は諦めました。その為、今後も夫婦共働きを続けていこうと思っています。

そんな世の中の流れですが、まだまだ働くワーママにとっては厳しい問題がたくさんあります。

  • ワンオペ家事育児
  • 職場でのマタハラ・パワハラ
  • 病欠続きの疲労

ワーママを取り巻く環境には色んな問題がありますが、家事育児をしながら仕事する為にワーママの負担軽減してくれる制度があります。それが「時短勤務」だと思うのですが、同じ保育園ママさんの時短勤務を巡ってある問題が起こりました。

時短勤務はなぜ取得し難いのか

 

毎日毎日夫の帰りが遅くてワンオペ状態でキツイ…仕事もフルタイムでクタクタだしもう仕事辞めたい…

保育園のママさん会で隣の席になった保育園ママがこんなことを言っていました。

ami
ami
会社に時短勤務制度はないの?
時短勤務の制度はあるにはあるけど、時短勤務にしている人の前例がなくて怖くてできない

これ、私もすっごく分かるんです。大企業などではもう当たり前になっている時短勤務ではありますが、中小企業などではまだまだマイナーな制度なんですよね。ひどいところでは、制度はあるけど上司から「前例がないから取得できない」なんて言われる事もあるようです。

私も一人目の復帰の時にこの問題ですごく悩みました。なぜなら私の場合も「時短勤務を取得した前例がなかった」んですよね。それでも私は一人目復帰後に時短勤務を取得しました。前例がなかった会社で私が第一号になった訳です。

 

なぜ私は時短勤務を取得したのか

 

どこの職場でも職場の雰囲気ってありますよね?ほんわかした雰囲気で定時にみんな一斉に帰ってしまう部署もあれば、毎日忙しく何となく定時に上がり辛い雰囲気の部署。同じ会社内でも隣の部署では全く違う雰囲気になります。私の働いていた部署はどちらかと言えば後者の方で、みんな忙しく殺伐とした雰囲気でなかなか時短勤務になったからと言って「自分だけ先に帰り難いだろうなぁ」と予想していました。

その為最初はフルタイムで仕事復帰したのですが、やはり慣れない仕事と家事、育児との両立は難しく、結局時短勤務を取ることになりました。

最初「時短勤務を取ります」と言った時、職場の雰囲気は最悪でした。直接同じ部署の同僚からは「フルタイムで戻ってきてくれるのを期待していた」と言われる事もありました。それでも私が時短勤務を取得しようと思った訳は、「時短勤務の前例がないをなくしたい」からでした。

 

あなたの選択は今後時短勤務を取得する人の役に立つ

 

これは時短勤務だけに限られたことではないのですが、もしあなたが初めて時短勤務を取得する人になれば「時短勤務取りたいけどみんなフルタイムで働いているしなぁ」と思う人が減るんですよね。やはり前例がない事ってみんな避けがちなんですよ。

「何か言われたらどうしよう」とか「そもそも時短勤務になったからってさっさと帰る事なんてできるのか?」と言うことを考えてしまうからでしょうね。でも、みんながそんな風に考えて一歩踏み出さないといつまで経っても会社も社会も変わりません。

だからあなたが時短勤務第一号になればそれは、今後時短勤務を取る人にとってとても助かることになります。

逆にあなたが時短勤務を取りたいのに頑張ってフルタイムで働き続けてしまうと、その前例ができてしまい「これが普通」となってしまいます。そうなってしまったら次に時短勤務を取得しようと思っている人がいたとしても「あの人はやっていたのだからなぜフルタイムで働けない」と言う感覚で見られてしまいます。

あなたが頑張ることは良い事だとは思いますが、無理をして頑張ってしまうことは後に続く人にとってはプレッシャーにしかならないのです。

 

共働きでワーママを続けていくには無理は禁物

 

時短勤務だけの話ではなく仕事内容もそうだと思うのですが、とにかくワーママを続ける為には無理は禁物です。今後も共働きを続けていくには、本当に子育てが大変な時期は時短勤務で仕事の負荷を軽減することだって必要ではないかと思います。お金の面では時短勤務は圧倒的に不利ですが、お金以外の面に関して、特にワーママになりたての人にとっては助かる部分が大変多いです。

もしあなたが「前例がなくて時短勤務を取ることができない」と本気で思っているのであれば考え方の転換が必要です。

あなただけの事を考えるのではなく、是非「時短勤務第一号」になって後輩達の道筋を作ってあげてください。そしてそう思う事によって第一号になった自分も職場への罪悪感からきっと救われるはずです。